マルチディスプレイでリモートデスクトップ接続をする

   2014/04/27

35

スポンサーリンク

Windowsについての記事です。

リモートデスクトップのバージョン8.1には複数のディスプレイ環境になっているクライアントPCからホストサーバやホストPCにリモートデスクトップ接続をする時にディスプレイを複数で使いホストをリモート操作できる機能がある。
ホストマシンをマルチディスプレイで操作する事が出来れば、何かの作業を行う時に画面が広く使えるようになるので便利な機能になりますね。
ホストマシンをマルチディスプレイで操作

環境

・ホストPC: Windows Server 2012 64bit
・クライアントPC: Windows 8.1 Pro 64bit ディスプレイ二画面で使用

リモートデスクトップのバージョン確認
リモートデスクトッププロトコルバージョン 8.1
リモートデスクトッププロトコルバージョン 8.1

「オプションの表示」をクリックします。
「オプションの表示」をクリックします。

「画面」タブを選択して「リモートセッションですべてのモニターを使用する」にチェックをつけて接続をします。

「画面」タブを選択して「リモートセッションですべてのモニターを使用する」にチェックをつけて接続をします

資格情報の入力でユーザ名とパスワードを入力します。

資格情報の入力でユーザ名とパスワードを入力します

ホストマシンのデスクトップがマルチ画面で表示されます。
ホストマシンのデスクトップがマルチ画面で表示されます

画面に番号を振っている状態

スポンサーリンク

コントロールパネルのディスプレイの設定を確認するとリモート環境でもディスプレイが二台認識されています。解像度の設定はクライアントの設定が反映されているため変更できません。
コントロールパネルのディスプレイの設定を確認するとリモート環境でもディスプレイが二台認識されています

ホストマシンとクライアントマシンのリモートデスクトップのバージョンにより出来る場合と出来ない場合があるのでリモートデスクトップバージョン 8以降に対応していれば是非活用したい機能だと思います。

リモートデスクトップバージョン8をWindows Updateを使ってクライアントPCにインストールしておく事でマルチディスプレイでのリモートデスクトップ接続が可能です。
リモートデスクトップバージョン8は下記のMicrosoftのホームページからダウンロード可能です。

http://support.microsoft.com/kb/2592687/ja

ただし、Windows7の場合はリモートデスクトップバージョン8をインストールしてもエディションによってマルチディスプレイでのリモートデスクトップが利用できない問題もありますので注意が必要です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Windows_7_editions#Comparison_chart

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 35 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。