Windowsのリカバリディスクを作成

   2013/03/10

37

スポンサーリンク

Windowsについての記事です。

サーバとして稼働させるために用意した中古パソコンでIntellistation M pro 9229 LHJを使用しています。
中古パソコンという事もありリカバリディスクも付いていなければ、リカバリ領域もありません。
なんとかリカバリディスクを作っておきたいと思ってフリーソフトで以前の記事でも紹介した”Paragon Backup & Recovery”を使ってリカバリディスクを作成します。

Paragon Backup & Recoveryのアイコンをクリックして起動させます。
ダブルクリックしてソフトを起動します。

メニューの左側に表示されている”Tools”をクリックして”Burn Recovery Media”を選択します。
メニューの左側に表示されている”Tools"をクリックして”Burn Recovery Media”を選択します

Welcome to the Recovery Media Builder
リカバリメディアの作成ウィザードが開始します。
Welcome to the Recovery Media Builder

Recovery Media Type
リカバリメディアをどこに作成するか選択します。
ここではUSBメモリでも作成ができそうですが、CDに作成したいので”CD/DVD”を選択します。
Recovery Media Type

Recovery Media Options
リカバリのオプション選択画面です。
ここでは”Typical”を選択します。
Recovery Media Options

スポンサーリンク

Destination Drive
ここではメディアを作成するドライブを選択します。CD/DVDドライブを選択します。
Destination Drive

CD/DVD Writing Parameters
書き込み速度を選択できます。ここではMaximumで進めていきます。
CD/DVD Writing Parameters

Completing the Recovery Media Builder
この画面で作成完了になります。
Completing the Recovery Media Builder

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。