Windows8 IPアドレスの再取得方法

   2013/10/12

35

スポンサーリンク

Windowsについての記事です。

windowslogo

Windows8に限らずですが、Windows7でもVistaでもIPアドレスを再取得する方法についてです。DHCPサーバに問い合わせをしてIPアドレスを取得するようになります。
この設定はDHCPによるIPアドレスを自動取得する設定になっているときに使える操作です。
PPPoE接続でISPからIPアドレスを再取得するとき等にも使えます。
IPアドレスはパソコンを再起動すればそれでも再取得できますが起動までに時間がかかるとか開いているファイルを保存して開き直さないといけないなどの手間を考えるとパソコンを再起動せずにIPアドレスを再取得したいですね。ここではその操作について記します。

コマンドプロンプトから再取得をする

スタートメニューを開いている状態でキーボードでcmdと入力してエンターキーを押します。
もしくはアプリ一覧からコマンドプロンプトを選択して起動させます。

スタートメニューを開いている状態でキーボードでcmdと入力してエンターキーを押します

デスクトップ画面にコマンドプロンプトが表示されます。

コマンドプロンプト画面で以下のコマンドを入力してエンターキーを押します。


ipconfig /renew

これでIPアドレスを再取得した事になります。
IPアドレスを確認する場合は下記のコマンドを入力してエンターキーを押します。


ipconfig /all

ネットワーク接続から再取得をする

コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を開きます。
ネットワーク接続画面でイーサネット、Wi-Fiのアイコンが表示されていますので選択してメニューバーに表示される「このネットワークデバイスを無効にする」をクリックするか、右クリックで表示されるメニューにある「無効にする」をクリックします。
コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を開きます。

ネットワークデバイスが無効になってNIC動作しない状態になります。アイコンはグレーで表示されます。
無効になったネットワークデバイスのアイコンをダブルクリックするかメニューバーに表示される「このネットワークデバイスを無効にする」をクリックすると有効になります。
有効になったネットワークデバイスはIPアドレスを再取得した事になります。
ネットワークデバイスが無効になってNIC動作しない状態になります。アイコンはグレーで表示されます。

スポンサーリンク

ネットワークデバイスが有効な状態だとカラーで表示されます。
ネットワークデバイスが有効な状態だとカラーで表示されます

設定は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 35 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。