Windows7のインストール前に確認すべきこと

   2010/10/29

37

スポンサーリンク

パソコンの動作遅いですか?

今使っているパソコン動きが遅いなーと思ったことはありませんか?

インターネット起動しても1分後に表示されたり、何かのソフトを起動したのに忘れたころに表示されたり、思うように作業が進まないことって結構あると思います。

パソコンを使っているユーザーのOSの各シェアは2009年6月現在、windows XPユーザーは約64%、Vistaが約26%、Macintosh 約4%となっておりXPユーザーが今回10月22日に発売されたWindows7(以下7)に乗り換える人も多いのではないかと思います。

Vistaは過去のOSに比べてグラフィックにこだわりを持たせるようになってメモリの消費が大きい事や、起動時間が長いこと、ビジュアルが大幅に変更になったこともあってWindowsユーザーからハイスペックなパソコンでないと使いこなせないとの声があり乗り換えるユーザーも少なかった。

それから約2年で新しいOSのwindows7が発売になってVistaに乗り換えなかったユーザーがXPから乗り換える人も多いのではないかと思います。
中には今使っているパソコンでそのままwindows7に乗り換えるユーザーもいるかもしれません。

ただその前に確認をしなければならないことがあります。

”7をインストールするのにどれくらいのパソコンのスペックが必要なのか”ということです。

XPを使っているユーザーでも7年8年同じパソコンを使っているユーザーいると思いますがそのパソコンに7をインストールしようとしてもできないかもしれません。その頃の時代背景はまだ大容量のデーター通信が現在のように行われていない時代なので、その時代に作られたパソコンは大抵メモリの容量が128MBとか256MBだったりします。

パソコンのサポートをしながらそういったロースペックなパソコンをたくさん見てきました。(当時はハイスペックだったのかもしれませんね。)
それにセキュリティソフトがインストールされていたりするとどうやってこのパソコンは動いているのか
謎に思ったりすることもあります。
そんなパソコンに7をインストールしようものならパソコンが起動しないというトラブルに陥るかもしれません。

なので7をインストールする前にパソコンに必要なスペックを調べる必要があります。
Windows7システム要件
詳しくはこちらhttp://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/system-requirements

CPU
1 ギガヘルツ (GHz) 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
RAMメモリ
1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB の RAM (64 ビット)
ハードディスク容量
16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) の空き容量のあるディスク領域
ビデオカード
Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX® 9 グラフィックプロセッサ

これらが最低要件となっているので使用用途に合わせて各機能を拡張したりハイスペックにする必要があります。

メモリは2GBあればサクサク動くと思うし固まることもなくなると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。