RX-600MI 初期設定

 

34

スポンサーリンク

NTTについての記事です。

フレッツ光対応ひかり電話ルータ RX-600MI の初期設定を行います。初期設定では主にルータのログイン用パスワードと PPPoE 接続設定を行います。ルータは設置されただけではインターネットに接続することができません。そこでこの記事で設定方法を紹介します。
設定にはインターネットサービスプロバイダから用意される PPPoE 接続の接続 ID とパスワードを用意しておいてください。

設定前の前提条件

以下で説明する設定をする前にルータのランプ状態を確認します。
ランプの状態で以下に説明する設定方法が適用できるか判断するためです。
ルータのランプで初期状態のランプがオレンジ点灯している状態であれば以下の設定方法で進めることができますので、設定前に確認をしておきましょう。

ルータのランプで初期状態のランプがオレンジ点灯している状態

ルータへの接続

ルータの設定をするために LAN ケーブル、または無線 LAN で接続をしてルータと同じネットワークセグメント内に設定をする端末 PC やタブレットを追加しておきます。ルータのデフォルトの IP セグメントは 192.168.1.1/24 です。
LANケーブルで接続の際はケーブルの接続がしっかりされている事を確認します。

PC からの操作

ブラウザを起動してアドレス入力バーに「http://192.168.1.1」と入力をして Enter キーを押します。

http://192.168.1.1

「機器設定用パスワードの初期設定」が表示されます。
ルータのログイン用パスワードの設定を行います。
「パスワード」と「パスワード再入力」にパスワードを入力します。
パスワードには 32 文字以内の半角英数字および記号が使用できます。大文字と小文字は区別されます。
このパスワードは、忘れないように控えておきましょう。
「設定」をクリックするとパスワードの設定完了です。
機器設定用パスワードの初期設定

ルータのログインするための Basic 認証画面(Windows セキュリティ)が表示されます。
ルータのログイン情報、「ユーザ名」と「パスワード」を入力します。
ユーザ名には「user」パスワードは上記で設定したパスワードを入力し[OK]をクリックします。
「資格情報を記憶する」にチェックを付けておくと次回からログイン画面を自動的に進めることができます。

ルータのログイン情報、「ユーザ名」と「パスワード」を入力します。 ユーザ名には「user」パスワードは自分で設定したパスワードを入力し[OK]をクリックします。
ルータのログイン情報、「ユーザ名」と「パスワード」を入力します。 ユーザ名には「user」パスワードは自分で設定したパスワードを入力し[OK]をクリックします。

「設定ウィザード」が表示されてインターネット接続設定を行います。
「設定ウィザード」が表示されてインターネット接続設定を行います。

[接続先の設定]の項目に必要な情報を入力します。インターネットサービスプロバイダーから送付される書類を元に設定を行います。「接続先ユーザ名」にはプロバイダの識別子 (Example: xxx@xxxx.ne.jp) も含め入力します。書類が見つからない場合などは自分が契約しているインターネットサービスプロバイダーに問い合わせて適宜手続きを行う必要があります。
各プロバイダの入力する情報については下記のリンクにまとめておきます。

接続先名 任意の文字列
接続先ユーザ名 ISP より提供される接続用 ID
接続パスワード ISP より提供される接続用パスワード

情報の入力を終えたら[設定]をクリックします。

[接続先の設定]の項目にある「接続先ユーザ名」と「接続パスワード」にプロバイダ情報を入力します。
[接続先の設定]の項目にある「接続先ユーザ名」と「接続パスワード」にプロバイダ情報を入力します。

ルータの設定処理が完了すると「正常に処理が完了しました。」と表示されます。
ルータの設定処理が完了すると「正常に処理が完了しました。」と表示されます。

「接続先設定(IPv4 PPPoE)」が表示されます。ここではルータの各セッションごとの PPPoE 接続状況が確認できます。
「メインセッション」の「状態」が「接続中」の表示になっていればインターネットの接続設定(PPPoE 設定)が成功です。ルータの本体にある「PPP」ランプが緑色で点灯していれば PPPoE 接続が確立されている事を表しています。併せて確認しましょう。
以上でルータの PPPoE 設定が完了です。
「メインセッション」の「状態」が「接続中」の表示になっていればインターネットの接続設定(PPPoE 設定)が成功です。

スポンサーリンク

PPPoE 接続情報が間違っているとき

PPPoE 接続設定が「未接続(PPP 認証エラー)」と表示されているときはフレッツが提供する光回線には問題がないのですが ISP まで到達して「接続ユーザ名」と「接続パスワード」に相違があるため接続できないことを表しています。
[編集]ボタンをクリックして ISP から提供される書類をもう一度よく確認して、文字列に誤りがないか、文字列に余計なスペースが入力されていないか見ながら再設定を行いましょう。

未接続(PPP 認証エラー)

■ 機器の仕様や機能が記載されている資料
以下のリンクには NTT 公式の RX-600MI のマニュアルがありますので参考にご確認ください。
NTT東日本のルータマニュアル
ホームゲートウェイ/ひかり電話ルータ (RX-600MI)

NTT西日本のルータマニュアル
ひかり電話対応機器(RX-600MI) – NTT西日本 サポート情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 34 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。