VMwareを使って仮想マシンCentOSをインストール

 

35

スポンサーリンク

Linuxについての記事です。

VMware PlayerをLinuxにインストールした後にゲストOSをインストールし仮想マシンを作成していきます。ここではCentOSをゲストOSとしてインストールしていきます。

VMwareを使って仮想マシンCentOSをインストール

CentOSのISOファイルをCentOSミラーサイトからダウンロードしてファイルとして保存しておきます。

インストール用に用意したファイルは以下のような名前になっています。
CentOS-6.2-i386-bin-DVD1.iso

インストールしたVMwareを起動させます。インストール直後はEnd User License Agreementが表示されます。Acceptをクリックして進みます。
End User License Agreementが表示されます。Acceptをクリックして進みます。

VMware管理画面が表示されます。
Create a New Virtual Machineをクリックし仮想マシンを構成していきます。
Create a New Virtual Machineをクリックし仮想マシンを構成していきます

新しい仮想マシンのウィザードが表示されます。
OSをどこからインストールするかを設定します。
ダウンロードしたファイルを指定するか、後からOSをインストールするか決めていきます。
ここではダウンロードしたファイルを指定してインストールします。
[Use ISO image]を選択し[Browse]をクリックしISOイメージファイルを指定します。
[Use ISO image]を選択し[Browse]をクリックしISOイメージファイルを指定します

ユーザー名とパスワードを設定します。
ユーザー名とパスワードを設定します

仮想マシンの名前の設定と、仮想マシンのシステムをどこのフォルダに保存するか設定します。
仮想マシンの名前の設定と、仮想マシンのシステムをどこのフォルダに保存するか設定します

仮想マシンに割り当てるディスク容量を設定します。
仮想マシンに割り当てるディスク容量を設定します

仮想マシンの構成が表示されます。これでよければ右下のFinishボタンをクリックします。
カスタマイズして仮想マシンに割り当てるメモリの容量を変更したり、ネットワークへの接続方法を変更する場合はCustomize Hardwareボタンをクリックして詳細な設定をします。
仮想マシンの構成が表示されます。これでよければ右下のFinishボタンをクリックします。 カスタマイズして仮想マシンに割り当てるメモリの容量を変更したり、ネットワークへの接続方法を変更する場合はCustomize Hardwareボタンをクリックして詳細な設定をします。

仮想マシンを起動します。
仮想マシンを起動すると間もなく設定をしたファイルを読み込んでOSがインストールされます。
インストール方法については下記のリンクにおいておきます。

CentOS6.3のインストール
CentOS6.4のインストール
CentOS6.5のインストール

仮想マシンを起動します

スポンサーリンク

仮想マシンのログイン画面です。
仮想マシンのログイン画面です

ログインしてデスクトップ画面が表示されます。

ログインしてデスクトップ画面が表示されます

以上の方法で仮想マシンの作成を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 35 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。