Wi-Fi WALKER HWD15Wi-Fi詳細設定方法

 

37

スポンサーリンク

WiMAXについての記事です。

モバイルWi-FiWALKER HWD15のSSIDの変更やWi-Fiパスワードの変更、セキュリティの規格の変更方法について紹介します。
Wi-Fi WALKER HWD15Wi-Fi詳細設定方法

準備としてあらかじめWi-Fi WALKER HWD15と設定をする端末をWi-Fi接続をした環境にしておきます。HWD15と通信ができる状態にしなければHWD15を設定するための画面を開くことができません。Wi-Fiの設定方法は下記のページにて紹介しています。
WiMAX Wi-Fi WALKER 2 HWD15 Wi-Fi設定

HWD15の設定

ブラウザを起動してアドレス入力バーにWi-FiルータのIPアドレスを入力します。
ここではWi-FiルータのIPアドレスがデフォルト値の192.168.100.1に設定されているためアドレス入力欄にhttp://192.168.100.1と入力してアクセスしています。
ブラウザを起動してアドレス入力バーにWi-FiルータのIPアドレスを入力します。

Wi-Fi WALKER HWD15のログイン画面が表示されます。

ログインユーザ名に「admin」。
デフォルト値のログインパスワードはHWD15の本体の背面下部に記載されているIMEIの下5桁が設定されています。
入力をしてログインをします。

Wi-Fi WALKER HWD15のWeb設定画面が表示されます。ログイン用のユーザ名とパスワードを入力してログインをします。

Wi-Fi WALKER HWD15のWeb設定画面が表示されます。Wi-Fi WALKER HWD15のWeb設定画面が表示されます。

スポンサーリンク

タブメニューの「設定」をクリックし左メニューにある「LAN設定」>>「セキュリティ設定」を選択します。
タブメニューの「設定」をクリックし左メニューにある「LAN設定」>>「セキュリティ設定」を選択します。

SSID1
HWD15のSSIDを設定することができます。
IEEE802.11認証
無線LANの暗号化方式を選択します。
WPA暗号化
暗号化の規格を選択します。
WPA事前共有キー
Wi-Fi接続に必要なパスワードの設定をします。
SSIDステルス
SSIDのステルス化を選択できます。SSIDのステルスを有効にするとクライアントからSSIDが表示されなくなりセキュリティが高まります。デフォルト値は無効になっています。
プライバシーセパレータ
プライバシーセパレータを有効にするとWi-Fiクライアント間のファイル共有やWi-Fi対応プリンタとの通信を止めることができます。デフォルト値は無効になっています。
SSID2モジュール
SSID2を有効・無効を選択します。デフォルト値は無効になっています。

上記の「SSID1」の値を変更することでHWD15のSSIDを変更することができます。
Wi-Fiのパスワードを変更する場合は「WPA事前共有キー」の値を変更します。
Wi-Fiセキュリティの形式をへの香する場合は「WPA暗号化」から任意の暗号化方式を選択します。

設定をしましたら下の「適用」ボタンを押して設定を反映させます。

SSID、暗号化方式、パスワードの変更ができます。

設定は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。