URoad-SS10 VPN接続を有効にする

   2013/07/23

37

スポンサーリンク

WiMAXについての記事です。

URoad-SS10 VPN接続を有効にするイメージ

モバイルルータを契約して外出先から自宅や会社にあるサーバやパソコンの中に保存されているデータを開きたい時ってあると思います。
自分も仕事で使うデータが自宅のパソコンやサーバに保存されていて緊急で外出先からデータを開いたりしたい時というのがあります。
そんなときに有効な手段として宅内に予めVPN接続ができる環境を作っておいて外出先のコンピュータからVPN接続を行い、自宅のネットワークに接続をして宅内にあるサーバからデータを落として使用します。
自分の場合はWiMAX回線を契約していてURoad-SS10というモバイルルータを使っています。URoad-SS10はデフォルトの設定ではVPN接続を通してくれない設定になっていてWEB設定画面から”VPNパススルー”の設定をしておく必要があります。

VPN接続を通さない

<<公式UQ WiMAX>>回線工事ナシ×配線ナシ。ネットがすぐに使えてリアルに楽チンなのは、WiMAX!



ブラウザを開いてURoad-SS10のWEB設定画面を開きます。
アドレス入力バーに192.168.100.254(URoad-SS10のデフォルトのIPアドレス)を入力して接続します。
ユーザー名とパスワードにそれぞれ”admin”と入力してログインしていきます。
adminと入力

ログインするとURoad-SS10の設定画面で”ルータ情報”が表示されます。
タブメニューのファイアーウォールをクリックします。
タブメニューのファイアーウォールをクリックします。

スポンサーリンク

ファイアーウォールの詳細設定画面になります。
システムファイアーウォールをクリックします。
システムファイアーウォールをクリックします。

システムファイアーウォールの画面に切り替わります。
VPNパススルーのVPNパススルー機能を”許可”に設定します。

VPNパススルーのVPNパススルー機能を”許可”に設定します。

設定は以上です。

BIGLOBE WiMAX キャンペーン



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。