MacにUSBイーサネットポートを追加する方法

 

36

スポンサーリンク

Macについての記事です。

MacbookAirには有線LAN(Ethernet)ポートがありません。USBポートとLAN(Ethernet)ポートを変換するコネクタがあれば有線LAN環境にすることができます。LANポートを増設して有線LANポートが無いMacでも有線LAN環境にすることができます。

ここではMacにUSB Ethernetポートを追加する方法を紹介します。MacbookAirに限らずiMac、Macbook Proにも追加できます。
MacにUSBイーサネットポートを追加する方法

準備するもの

  • USBポートとEthernetポートを変換するアダプタ
  • アダプタのドライバ
  • Mac

USBポートとEthernetポートを変換するアダプタ
USBポートとEthernetポートを変換するアダプタは市販品を使います。ここではLogitecというメーカーのUSBとLAN変換コネクタを使います。型番はLAN-GTJU3です。メーカーのホームページではMac OS X10.6、10.7、10.8、10.9、10.10に対応していることが確認できています。

LAN-GTJU3はUSB3.0に対応しており最大転送速度が5GbpsでLANポートの規格は1000BASE-Tに対応しているため1Gbpsも楽々カバーできます。

LAN-GTJU3マニュアルダウンロードページ

LAN-GTJU3本体イメージ

パッケージ
パッケージ

本体全体像
本体全体像

LANポート
LANポート

USBポート
USBポート

LAN-GTJU3のドライバインストール

LAN-GTJU3をMacで使用するにはメーカーホームページで配布しているドライバをインストールしていきます。
ドライバは下記のリンク先で配布しています。
LST-D-420ドライバダウンロードページ

ネットワークではまだドライバがインストールされていない状態でインターフェースが利用できません。
ネットワークではまだドライバがインストールされていない状態でインターフェースが利用できません

ドライバをダウンロードしたらインストールを進めます。AX88178.dmgのファイルをマウントしてAX88178_vx.xpkgのファイルを開きます。
ドライバをダウンロードしたらインストールを進めます

インストーラが起動します。続けるで進みます。
インストーラが起動します。続けるで進みます

インストールボタンをクリックして進みます。
インストールボタンをクリックして進みます。

インストールを進めるにはユーザ名とパスワードを入力して進みます。

インストールを進めるにはユーザ名とパスワードを入力して進みます

インストール完了後はMacの再起動が必要になりますと通知が表示されます。
インストール完了後はMacの再起動が必要になりますと通知が表示されます

インストール完了後はMacの再起動を進めます。
インストール完了後はMacの再起動を進めます

スポンサーリンク

動作確認
再起動後にMacのUSBポートにLAN-GTJU3を接続してLAN-GTJU3のLANポートにLANケーブルを接続します。
再起動後にMacのUSBポートにLAN-GTJU3を接続してLAN-GTJU3のLANポートにLANケーブルを接続します

LAN-GTJU3が動作をしているときは本体のランプが点滅します。
LAN-GTJU3が動作をしているときは本体のランプが点滅します

再起動後にネットワーク画面を開くと「AX88179 USB3.0 Gigabit Ethernet」の接続ポートが追加されています。機器同士が接続されていて疎通確認が取れていればステータスに「接続済み」と表示されます。
IPアドレスも取得できているか確認します。
再起動後にネットワーク画面を開くと「AX88179 USB3.0 Gigabit Ethernet」の接続ポートが追加されています。

設定は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。