MacでGL08Dの初期設定方法

   2015/05/14

37

スポンサーリンク

Macについての記事です。

Macで高速データ通信をするためにE-MOBILEのLTE回線対応のGL08Dを用意しました。
この記事ではMacを使ってE-MOBILEのGL08Dを初期設定してインターネットへの接続が出来るように初期セットアップしていきます。

E-MOBILE GL08D初期設定

GL08Dの基本スペックは下記の通り
ベストエフォートで下り75Mbpsの速度が利用できます。

基本スペック
カラー ブラック
サイズ 約32(W)×91(H)×14(D)mm
重さ 約38g
通信方式
(ネットワーク側)
LTE : 1.7GHz
W-CDMA : 1.7GHz / 2.1GHz 
GSM : 850MHz / 900MHz / 1.8GHz / 1.9GHz
最大受信通信速度75Mbps/最大送信通信速度25Mbps *2
インターフェース USB 2.0準拠
PC接続時対応OS

Windows® 8(32bit版/64bit版)
Windows® 7(32bit版/64bit版)
Windows Vista®(32bit版/64bit版)
Windows®XP (Professional/Home Edition SP3以降)
Mac OS X 10.6~10.8

初期設定

初期設定は簡単です。MacにGL08Dを接続すると自動的にMacが認識してドライバとユーティリティのインストール画面が表示されます。画面の指示に従って進めるだけで利用できるようになります。

MacのUSBポートにGL08Dを接続します。

MacのUSBポートにGL08Dを接続します

Macに接続したGL08Dは認識されるとランプが赤から青に点灯します。

Macに接続したGL08Dは認識されるとランプが赤から青に点灯します。

画面に自動的にインストーラが表示されます。

インストーラからドライバ&ユーティリティをインストール

インストーラを起動してMacにイー・モバイル用のドライバとユーティリティをインストールします。
EMOBILE HW ユーティリティ.appをダブルクリックして開きます。
EMOBILE HW ユーティリティ.appをダブルクリックして開きます

続けるを選択
続けるを選択

使用許諾契約
続けるを選択
続けるを選択

使用許諾で同意するを選択します。
使用許諾で同意するを選択します

インストール先の選択
インストール先のディスクを選択して続けるを選択します。
インストール先のディスクを選択して続けるを選択します

インストールを選択します。
インストールを選択します

インストールするにはパスワードを入力して進みます。
インストールするにはパスワードを入力して進みます

インストール完了後にMacの再起動をします。

インストール完了後にMacの再起動をします

MacのデスクトップのメニューバーにEMOBILE HW ユーティリティのアイコンが表示され通信状況が確認できます。
メニューバーのアイコンの状態を見て電波状態を目視確認する事が出来ます。
MacのデスクトップのメニューバーにEMOBILE HW ユーティリティのアイコンが表示され通信状況が確認できます

スポンサーリンク

EMOBILE HW ユーティリティを起動すると詳細な通信状況を確認する事が出来ます。
上から接続状態、接続先、接続時間、送受信データ量(KB)がわかる状態です。

接続状態が接続を表示している時はセルラー回線で通信をしている状態です。
画面の左下ではLTE回線の電波状況も表示されます。

EMOBILE HW ユーティリティを起動すると詳細な通信状況を確認する事が出来ます

以上で設定が完了です。
E-MOBILEのGL08DはMacに接続してインストールして再起動するの数ステップで簡単な操作で利用できるようになります。難しい設定がないのですぐに利用したい時(引っ越しして来たばかりで家にインターネット回線を手軽に導入したい場合や、急な出張でモバイルネットワークが必要になった場合)など利用シーンを選ばず使えそうなアイテムです。

鞄の中でかさばらないコンパクトな作りですので外でデータ通信を利用する事が多い時にも活用したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。