Mac 外付けディスクをフォーマットする方法

   2015/03/09

37

スポンサーリンク

Macについての記事です。

Macで外付けディスクを接続して使用するには準備としてフォーマット(初期化)を行います。Windows用やMac用等のフォーマット形式は様々あるのですがOSに合わせてフォーマットをすることでMacがそのディスクを使用することができるようになります。
例えば、データのコピーを作成したり、外付けのハードディスクにTime Machineでバックアップを作成するためにはフォーマットを最初に行います。

Mac 外付けディスクをフォーマットする方法

ディスクの初期化

「メニューバー」の「移動」を選択して「ユーティリティ」を開きます。

「メニューバー」の「移動」を選択して「ユーティリティ」を開きます。

「ユーティリティ」フォルダの「ディスクユーティリティ」を選択します。
「ユーティリティ」フォルダの「ディスクユーティリティ」を選択します。

ディスクユーティリティの起動は「Launchpad」からも起動できます。
ディスクユーティリティの起動は「Launchpad」からも起動できます。

左側の列にMacで認識されているディスクが一覧で表示されます。内蔵ストレージとUSB接続されている外付けのハードディスクが検出されます。
左側の列にMacで認識されているディスクが一覧で表示されます。内蔵ストレージとUSB接続されている外付けのハードディスクが検出されます

左側に検出されているUSB接続されたディスクを選択して「消去」タブを選択します。
左側に検出されているUSB接続されたディスクを選択して「消去」タブを選択します。

フォーマット形式の選択
「フォーマット」のプルダウンメニューからディスクのフォーマット形式を選択します。フォーマット形式はMacOSに対応させるだけなら「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択します。「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」は「HFS+(Hierarchical File System Plus)」という正式名があります。
WindowsとMac両方のOSに対応させる場合は「MS-DOS (FAT)」もしくは「exFAT」を選択します。「MS-DOS (FAT)」よりも「exFAT」の方がパーティションに割り当てられる容量が大きい事と、1ファイルあたり4GBまでの制限が「MS-DOS (FAT)」にはあるのに対し、「exFAT」には16EBまで対応する特徴があります。「MS-DOS (FAT)」、「exFAT」の形式でフォーマットした場合はWindowsとMacどちらに接続しても書き込み、読み込みができます。Mac OS 拡張(ジャーナリング)」の形式でフォーマットした場合はWindowsの標準機能では読み込みも書き込みもできません。
「名前」はディスクの名前で任意で設定します。

「MS-DOS (FAT)」と「exFAT」のフォーマット形式の特徴

フォーマット形式/
特徴
MS-DOS (FAT) exFAT
最大ファイルサイズ 4GB 16EB
最大ボリュームサイズ 2TB 256TB
対応OS すべてのWindowsOS Windows Vista SP1/
Windows Server 2008以降

ディスクのフォーマット形式を選択

「セキュリティオプション」のボタンを選択するとディスクの復旧を防ぐための「確実な消去オプション」を選択することが出来ます。
「確実な消去オプション」では4つのオプション項目が用意されています。使用用途に合わせて「セキュリティオプション」は利用します。「確実な消去オプション」ではデータが保存されているディスクに対して0のデータを上書きをして上書きをした回数分だけデータの復旧が困難になります。例えばMacを譲ったり、買取業者さんに買い取ってもらう時に行い、引き継いだ人がデータを復旧しないようにするために使います。

「セキュリティオプション」のボタンを選択するとディスクの復旧を防ぐための「確実な消去オプション」を選択することが出来ます。

「確実な消去オプション」の選択

フォーマットの準備ができたら「消去」のボタンを選択します。

フォーマットの準備ができたら「消去」のボタンを選択します。

ディスクの消去の確認が表示されます。「消去」を選択します。
ディスクの消去の確認が表示されます。「消去」を選択します。

スポンサーリンク

ディスクフォーマットが開始されます。
フォーマットが完了するとディスクを保存先として利用できる状態になります。
フォーマットが完了するとディスクを保存先として利用できる状態になります。

ディスクの「情報を見る」でフォーマット形式の確認をします。

Apple公式サポートサイト
Intel ベースの Mac のファームウェアアップデートには、GUID パーティション方式が必要
Mac OS X: ファイルシステムのジャーナリングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。