MacのIPアドレスの固定方法

   2014/02/27

37

スポンサーリンク

Macについての記事です。

Macのネットワークデバイス(NIC)にIPアドレスの固定をする方法についてです。Macをファイルサーバーやhttpサーバーとして運用する際にIPアドレスを固定して使う事があります。IPアドレスを固定すればDHCPサーバから割り振られるIPアドレスが変わる事が無いのでIPアドレスでサーバにアクセスする際やNAPTを使ったポート開放などのときに便利です。
MacのIPアドレスの固定方法

システム環境設定のネットワークを開きます。
システム環境設定のネットワークを開きます

ネットワークを開くと左側の項目にネットワークインターフェースが表示されています。IPアドレスの固定をしたいNICを選択します。
有線LANのNICのIPアドレスを固定したい時は’Ethernet’か’USB Ethernet’を選択し、無線LANのNICをIPアドレスを固定したい時は’Wi-Fi’を選択します。
ここではEthernetポートにIPアドレスを固定していくのでUSB Ethernetを選択し進めていきます。
EthernetポートにIPアドレスを固定していくのでUSB Ethernetを選択します

TCP/IPのタブをクリックします。
IPv4の設定でIPアドレスの取得方法を選択する事が出来ます。
DHCPサーバを使用を選択するとIPアドレスを自動取得するようになります。IPアドレスを固定するには「手入力」を選択します。
IPアドレスを固定するには「手入力」を選択します

スポンサーリンク

IPアドレスには使用したいプライベートIPアドレスを入力します。
サブネットマスクにはネットワークアドレスとホストアドレスとなる数値を入力します。
ルーターには参照するNAT変換するルータのIPアドレスを入力します。
設定後は右下の適用ボタンのクリックをして設定を反映させます。
IPアドレスには使用したいプライベートIPアドレスを入力します

設定後は右下の適用ボタンのクリックをして設定を反映させます

以上でIPアドレスの固定が完了です。

Apple公式サポートページ

OS X Mountain Lion: 手動 IP アドレスを選択するか DHCP を使用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。