CentOS6.3 テキストモードインストール

   2014/06/21

36

スポンサーリンク

Linuxについての記事です。

CentOS logo

CentOS6.3のインストールをGUIにて行いましたが、CUIでインストールするにはどうしたらいいのか不明だったので実際にCUIでのインストールを試しました。
GUIでのインストール方法はCentOS6.3のインストールのページで確認できます。

インストールに必要なファイルは予めDVDに焼き付けておいてインストール用のDVDを作成しました。

CentOSのファイルのダウンロード

最初に、インストールに必要なファイルをダウンロードします。
予め公式のCentOSのコミュニティページが用意されているのでそこからCentOS6.3のファイルを探してダウンロードしておきます。
マシンのアーキテクチャによってインストール用のファイルが異なるようなので調べて用意します。ここではCentOS6.3 32bit版のインストールを目的としています。
サイトに接続してダウンロードページを開きます。住んでいる地域によってファイルのダウンロード場所が異なるので日本用のダウンロードは”Japan”の項目のミラーサーバからダウンロードさせてもらいます。
プロトコルはFTPでもHTTPでもどちらでもダウンロードできます。
バージョンごとにフォルダが分かれているので”6.3”のフォルダを探します。
6.3のフォルダを開きます。

32bit版で使いたい場合は”CentOS-6.3-i386–LiveDVD.iso”というイメージファイルが用意されているのでダウンロードします。
ファイルサイズは1.6GBですので時間が少しかかるかもしれません。
CentOS-6.3-i386--LiveDVD.iso

ファイルをダウンロードした後にインストールディスクが必要な場合はインストールディスクを作成します。インストールディスクの作成についてはCentOS6.2 64bit版のインストールディスクの作成に書いている記事に沿って進めばできると思います。



CentOS6.3のインストール

Welcome to CentOS-6.3-i386-LiveDVD!
CentOSのインストールディスクをコンピュータに入れて起動させるとCentOSのbootメニューが表示されます。
“Install (Text Mode)を選択してテキストモードでのインストールを進めていきます。
Welcome to CentOS-6.3-i386-LiveDVD!

Would you like to use VNC?
ここでは”Use text mode”で進めていきます。
Would you like to use VNC?

Language Selection
What language would you like to use during the installation process?
言語を聞いてきていますのでJapaneseを選択します。
CentOS
Language Unavailable
OKで進みます。
Language Unavailable
Keyboard Selection
キーボードの環境を聞いてきているのでjp106を選択してOKで進みます。
Keyboard Selection

Time Zone Selection
タイムゾーンの選択です。使用する地域を選択しますのでTokyoを選択。
Time Zone Selection

Root Password
ルート(root)というシステムの最高権限を持っているユーザーのパスワードの作成です。
パスワードを任意に作成し入力をしてOKで進みます。
Root Password

Partitioning Type
インストール先のディスクを選択します。
Partitioning Type
Writing storage configuration to disk
ディスクに書き込みをしてもいいかを聞いてきている様子ですので良ければ”Write changes to disk”を選んで進みます。
Writing storage configuration to disk

スポンサーリンク

Complete
CentOSのインストールが終わった様子ですので”Reboot”を選択してシステムを再起動します。
Complete

CentOSログイン画面
テキストモードでのログイン画面です。
ユーザー名を入力してログインしていきます。
CentOSログイン画面

以上でテキストモードでのCentOSのインストールが完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。