iPadのVPN接続方法

   2014/07/06

37

スポンサーリンク

iPadについての記事です

iPhone、iPadからのVPN接続図
iPadから会社や自宅に設置されているネットワークに接続するためにPPTPというプロトコルを使ってVPN接続をします。PPTPプロトコルを使用するためには接続される側のネットワークにPPTPサーバーを用意して設定をしておく必要があります。
PPTPではなくIPsec/L2TPプロトコルを使った接続方法は下記のリンクにおいておきます。

ここではそのPPTPサーバーの設定を終えている状態でiPadからの設定接続方法を書いていきます。
一例ですがPPTPサーバーの設定方法についてはBUFFALOのルータでPPTPサーバの設定という記事にしてあります。

Apple公式のiOSデバイスでのVPN接続方法

iPadにVPN接続設定

PPTPサーバに接続するために必要な情報としてサーバのアドレス、PPTPサーバにログインするためのID、PPTPサーバに接続するためのパスワードを確認しておきます。
これらはほとんどの場合自分で設定をする事になると思いますので設定情報を覚えておきます。サーバーのアドレスはグローバルIPアドレスを使う方法、ドメインを取得している場合はダイナミックDNSを利用したドメインを使う方法、用途に合わせてどちらかを選択するといいと思います。

iPadのホーム画面から”設定”をタップします。

”一般”をタップして”ネットワーク”の項目をタップします。
”一般”をタップして”ネットワーク”の項目をタップします。

”VPN”をタップします。
”VPN”をタップします。

”VPN構成を追加”をタップします。
”VPN構成を追加”をタップします。

ポップオーバーで設定を入力するようになりますので各入力欄を埋めていきます。
PPTPをタップして選択します。
PPTPをタップして選択します

実際に入力をした状態だとこのような感じです。
実際に入力をした状態

拡大してみます。
VPN接続するための接続情報の入力

説明
VPN接続する名前を決めて入力
サーバ
PPTPサーバのアドレスを入力します。ここではグローバルIPアドレスを入力するかドメインを取得しているのであれば取得しているドメインを入力します。
アカウント
PPTPサーバに設定されているログイン用のIDを入力します。
パスワード
PPTPサーバに設定されているログイン用のパスワードを入力します。
すべての信号を送信
[すべての信号を送信]をオンにするとiPadの通信がすべてVPNサーバを経由して接続になります。オフにした場合は,仮想ローカルネットワークにアクセスするときだけVPNを経由し、インターネット等の通信は手元のネットワークを経由して接続します。

入力を終えたら右上の保存をタップします。

”構成を選択”の項目に作成した設定が追加されます。この設定がVPNサーバに接続をする為の設定になります。実際に接続を試してみます。
”構成を選択”の項目に作成した設定が追加されます。

設定の画面にあるVPNの項目がオフになっていますのでオンに切り替えます。
オンに切り替えるとiPadのVPN接続が開始されます。
設定の画面にあるVPNの項目がオフになっていますのでオンに切り替えます。 オンに切り替えるとiPadのVPN接続が開始されます。

オンにスイッチを切り替えてVPNの接続が開始されて成功すると状況に接続時間が表示されます。
左上のメニューバーにはVPNのアイコンが表示されます。このアイコンが出てきている間はVPN接続されている状態です。
オンにスイッチを切り替えてVPNの接続が開始されて成功すると状況に接続時間が表示されます。 左上のメニューバーにはVPNのアイコンが表示されます。このアイコンが出てきている間はVPN接続されている状態です。

VPNで取得しているIPアドレスも表示されます。
VPNでのIPアドレス

VPNの接続を解除したい場合はVPNのスイッチをオフに切り替えます。
VPNの接続を解除したい場合はVPNのスイッチをオフに切り替えます。

スポンサーリンク

iPhone、iPad用関連アプリ

VPN接続がうまくいけばiPadアプリにあるファイルマネージャアプリやVNCアプリを使ってサーバからファイルを見たり、リモートコントロールをする事もできます。

VPN経由でVNCサーバーを遠隔操作する事もできます。iPadアプリを使ってVNCサーバーの操作をするにはRemoterVNCなどのiOSアプリが必要になります。


VPN over VNC Connect

VPN経由でのVNC

Macの画面共有機能を使って遠隔操作する事だって出来てしまいます。

設定がうまくいっていればMacのデスクトップ画面が表示されます

そしてiOSのリモートデスクトップアプリを使用すると外出先から自宅のWindowsの画面を遠隔操作できます。

iPadからVPN接続が出来るようになるとLAN内に接続が容易にできるようになるので最初の設定だけ頑張っておけばもっとiPadを活用してちょっと幸せなネットライフが過ごせると思います。
是非お試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。