AirMacベースステーションの工場出荷時状態にする方法

   2014/06/21

36

スポンサーリンク

AirMacについての記事です。

AirMacベースステーションの設定のときにAirMacを検出しないときやパスワードがわからなくて設定をやり直したい時、AirMacベースステーションを工場出荷時状態にしたいときの方法です。
AirMacユーティリティから工場出荷時状態にリセットする事ができますが、パスワードがわからなくてログインできない状態だとこのリセットをする事もできません。ですのでパスワードがわからなくて設定が進められない事を想定して、物理スイッチからリセット(初期化)する方法を書きます。
(そっちの方が需要が多いような気がする。)
AirMacベースステーションの工場出荷時状態にする方法

AirMac ExpressやAirMac Extreme、Time Capsuleの世代や機種によりリセットボタンの位置画違いますが、リセットボタンの位置さえしっかり把握しておけば操作方法は概ね一緒です。

AirMac Extremeのリセットボタンの位置
AirMac Extremeのリセットボタンの位置

AirMac Expressのリセットボタンの位置

AirMac Expressのリセットボタンの位置

スポンサーリンク

リセットボタンの操作

  • AirMacベースステーションの電源を抜く。
  • ペン先や爪楊枝(できれば電気を通さない先の尖ったもの)を用意してリセットボタンを押しながらAirMacベーススーテションの電源を接続する。このときリセットボタンは押した状態をキープします。本体の正面にあるLEDランプ(ステータスランプ)が高速で点滅するまで(数秒間)ボタンを押し続けます。
  • ボタンを放すと、AirMacベースステーションまたはTime Capsuleが工場出荷時状態にリセットされます。

工場出荷時の状態にリセットをした後はベースステーションの初期設定をする方法も下記のリンクにおいておきます。



AirMac Extreme ベースステーションのリセット方法
AirMac Extreme ベースステーションのリセット方法

AirMac Express のリセット

AirMac Express のリセット

AirMac ベースステーションまたは AirMac Time Capsule のリセットに関してよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。