AirMacベースステーションでUPnPを使用する

   2015/06/10

36

スポンサーリンク

AirMacについての記事です。

AirMacベースステーションにはUPnP(Universal Plug and Play)という機能がありません。
それに代わる機能として「NAT-PMP」と呼ばれるNAT Port Mapping Protocol(NATポートマッピングプロトコル)があります。
ここではAirMacベースステーションでのNATポートマッピングプロトコルを利用する方法を紹介します。AirMacベースステーションでUPnPを使用する

NAT-PMP概要
ポート番号 5351を使用
プロトコル UDP
NAT-PMP機能を
持っているルータ
AirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsule
機能 一般的な機能を持つNATルータはIETF(Internet Engineering Task Force)インターネットドラフトのUPnP(Universal Plug and Play)が実装されており、NAT-PMPはそれに置き換わるプロトコルとして構成されています。Apple製AirMacルータにおいてNAT-PMPプロトコルを使用すると外部のネットワークから内部のネットワーク(プライベートネットワークまたはLAN)内のコンピュータに自動的にNAT変換して接続できるようになります。

公式サポートページ

NAT-PMPの機能はiCloudサービスの一つの「どこでもMy Mac」を利用する時に必要になります。大切な事はAppleさんのホームページでもサポート情報が提供されています。

「どこでも My Mac」の設定と使い方

AirPort Utility 6.x: ベースステーションまたは Time Capsule の NAT オプションを設定する

NAT-PMPを利用可能な機器等

AirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleとMac OS X 10.4以降に実装されています。

WindowsでのNAT-PMP利用方法

Windows OSでNAT-PMPを利用するには「Bonjour for Windows」をインストールして利用します。
Bonjour Print Services for Windows

AirMac製品でのNAT-PMPの有効化方法

AirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleのNAT-PMPプロトコルの有効化する方法です。
AirMacユーティリティを起動します。AirMacユーティリティの場所はMacintosh HD/Applications/Utilities/AirMacユーティリティ.appフォルダパスです。ここではバージョン6.xを使用しています。

ネットワークタブ>ネットワークオプションを選択します。
ネットワークタブ>ネットワークオプションを選択します。

「NATポートマッピングプロトコルを有効にする」にチェックマークをつけて「保存」を選択します。
「NATポートマッピングプロトコルを有効にする」はAirMacベースステーションがDHCPとNATで動作しているときに選択できます。ブリッジモードで動作をしているときは表示されません。ブリッジモードで動作をしている場合は上部にあるブロードバンドルータに対して設定を行う必要があります。

設定後にAirMacの設定をアップデートすることで設定が反映されてNATポートマッピングプロトコルが利用できます。
「NATポートマッピングプロトコルを有効にする」にチェックマークをつけて「保存」を選択します。

スポンサーリンク

どうしてもUPnPを使いたい場合

AirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleの何れかの環境下でNAT-PMPではなくてUPnPを使いたい時。UPnPじゃなきゃダメなんだって言うときはAirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleのUPnPで使用するポートを開放設定します。
UPnPはUDPの1900番ポートが使われています。併せてUPnPの基幹部分になるSSDPについても書いておきます。SSDPはTCPの5000番ポートが使われています。
AirMacベースステーションのポート開放の設定方法下記のページで紹介しています。

まとめ

•AirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleではUPnPの代わりにNAT-PMPプロトコルが使われている。
•NAT-PMPではUDPの5351のポート番号が使われている。
•UPnPのポートを開放するにはUDP1900番ポートとTCP500番ポートを開放する。
•NAT-PMP機能はApple製ルータAirMac Express、AirMac Extreme、AirMac TimeCapsuleで利用可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。