AirMac Extreme 802.11acの設定情報をファイル形式で保存する方法

   2014/10/11

36

スポンサーリンク

AirMacについての記事です。

AirMac Extreme802.11acで設定をした情報をファイル形式で保存する方法を紹介します。AirMac Extremeには設定された情報(コンフィグ)をファイル形式で保存する機能があります。コンフィグにはAirMac Extremeに設定されているPPPoE接続設定情報、Wi-Fi設定情報等が書き込まれます。

ルータ等の装置に設定されている情報を「コンフィグ」と呼んだりする事があり、一般的なルータにはコンフィグをバックアップとしてファイル形式にエクスポートして保存する機能があります。AirMac Extremeでも例外なくコンフィグ情報を読み書きする機能があります。

本稿ではAirMac Extremeに施されている設定情報を「コンフィグ」として扱うものとします。
AirMac Extreme 802.11acの設定情報をファイル形式で保存する方法

用途
コンフィグを保存しておくことでAirMac Extremeを工場出荷時状態に初期化した場合でも、コンフィグから設定情報を読み込ませて初期化前の状態に復元することができます。
また、AirMac Extremeを買い替えて利用する場合等にもコンフィグをファイルとして設定情報を保存しておき、旧AirMac Extremeの環境を新AirMac Extremeにそのまま復元が可能です。

必要な環境
AirMac Extremeの設定情報を保存するために必要な環境です。
AirMacユーティリティ Ver6.0以上がインストールされているMac

コンフィグファイルの作成

AirMacユーティリティを起動します。
AirMacユーティリティを起動します。

AirMacユーティリティ上で検出したAirMac Extremeを選択します。
AirMacユーティリティ上で検出したAirMac Extremeを選択します

AirMac Extremeに設定されているパスワードがある場合は「パスワードを入力」を選択します。
パスワードがMacに保存されている場合はパスワード入力が省略されますので次に進みます。
AirMac Extremeに設定されているパスワードがある場合は「パスワードを入力」を選択します。

AirMac Extremeにログイン用のパスワードを入力し「OK」を選択します。
AirMac Extremeにログイン用のパスワードを入力し「OK」を選択します

「編集」ボタンをクリックします。
「編集」ボタンをクリックします。

AirMac Extremeの設定画面が表示されます。
AirMac Extremeの設定画面が表示されます

メニューバーにある「ファイル」をクリックし「構成ファイルを書き出す」を選択します。

メニューバーにある「ファイル」をクリックし「構成ファイルを書き出す」を選択します

コンフィグファイルのファイル名と保存場所を指定します。
コンフィグファイルを保存する際にパスワード保護をする場合は「セキュリティを高める為にパスワードを暗号化」にチェックをつけます。ファイルを読み込む時にパスワードを入力しないと読み込む事ができないようになります。

コンフィグファイルのファイル名と保存場所を指定します

スポンサーリンク

Finderでコンフィグファイルの確認
Finder上にAirMac Extremeの設定情報が書き込まれたコンフィグファイルが作成されました。
デフォルトでは「AirMac Extreme.baseconfig」のファイル名になり拡張子.baseconfigで保存されます。
ファイルにはAirMac Extremeに設定されていた情報が書き込まれています。

デフォルトでは「AirMac Extreme.baseconfig」のファイル名になり拡張子.baseconfigで保存されます。

設定は以上です。
尚、エクスポートをしたコンフィグを復元する方法についても下記に記しておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。