SONY Vaio Pro11は薄くてとにかく速い

   2014/01/26

37

スポンサーリンク

パソコンについての記事です。

SONYの薄型かつ軽量で高速PCVaio Pro11を用意しました。11インチモデルと13インチモデルがあり用意したのは持ち運びに便利な11インチモデルです。ソニーストアでのオーナーメードモデルのSVP1121A1Jという機種です。
SONYの薄型かつ軽量で高速PCVaio Pro11を用意しました

OS Windows 8 Pro
ディスプレイ 11.6型ワイド(16:9)
解像度:1920×1080ドット
CPU Intel Core i5-4200U プロセッサー (1.60 GHz)
メモリー 4 GB
ディスクドライブ SSD 約 128 GB
インターフェース USB3.0*2 HDMI*1
HDウェブカメラ
SDカードメモリスロット
バッテリー駆動時間 約11時間

サイズ

197mm
285mm
高さ 11.8mm
軽さ 770g

化粧箱はいたってシンプルです。
化粧箱はいたってシンプルです

中を開けると布で本体が包まれています。
中を開けると布で本体が包まれています

筐体はカーボン製で堅牢性がありそうな感じです。
筐体はカーボン製で堅牢性がありそうな感じです

サイドにはUSB3.0が2ポートとHDMIポートがあります。
サイドにはUSB3.0が2ポートとHDMIポートがあります

PCを開くとVaioの布巾がついていました。
PCを開くとVaioの布巾がついていました

キーボードは暗闇でもLEDが点灯します。
キーボードは暗闇でもLEDが点灯します

電源を入れるとVAIOのロゴが表示されます。起動後間もなくすぐにWindowsを利用できます。
電源を入れるとVAIOのロゴが表示されます

奥にはSDカードスロットがあります。
奥にはSDカードスロットがあります

スポンサーリンク

Windowsが搭載されているパソコンはどこのメーカーも中身は大体同じでどこで差をつけるかとしたらデザインやインターフェースではないかと思います。いつもMacしか使わない私ですがSonyのパソコンを触ってみてWindows用のパソコンを用意するならデザイン的にSONYはまたリピートしたいなと思います。薄さ11.8mmで重量も770gですので鞄に入れてもかさばらないで持ち運びが楽です。
SSDを搭載していることでパソコンの起動は爆速というのでしょうか、とにかく速くて満足です。
ネットワークへの接続はWi-Fiのみです。EthernetポートはありませんのでLANケーブルを接続して有線接続で使いたい場合はUSBからLANケーブルに変換する装置が必要になります。ディスプレイが用意できればHDMIケーブルでセカンドディスプレイでの利用も可能ですね。

LANケーブルをUSBに変換するアダプターを接続して有線で利用できます
LANケーブルをUSBに変換するアダプターを接続して有線で利用できます

有線用にBUFFALOのLUA3-U2-ATXを用意しました。
BUFFALOのLUA3-U2-ATX

BUFFALOのLUA3-U2-ATXとSONY Vaio Pro11を接続
BUFFALOのLUA3-U2-ATXとSONY Vaio Pro11を接続

自宅で使う時はHDMIケーブルを用意してデュアルディスプレイで使います。
Vaio Proにセカンドスクリーンを接続

自宅で使う時はHDMIケーブルを用意してデュアルディスプレイで使います。

Amazon Store
ソニー SVP11218CJBI VAIO Pro11 ブラック

OSがプリインストールされたWindows8でしたので下記を参考にWindows8.1にアップグレードしようかと思います。
Windows 8.1にアップデートする方法
Windows 8.1にアップデートする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。