Mavericks テキストエディットのスマート引用符

   2014/04/06

37

スポンサーリンク

Macについての記事です。

Macのテキストエディットを使ってHTMLなどのコードを書いている時にダブルクォーテーションをうつのですが、OS X Mavericksにしてからダブルクォーテーションが勝手に引用符に変換されてしまってhtmlファイル内でコードとして認識できないという問題がありました。
テキストエディットに何が起きたんだ。。。
Macのテキストエディット

という事でテキストエディットの設定を確認する事にしました。
まずはダブルクォーテーションを入力して次の文字を入力した時に自動的に変換されてしまう画像を用意しました。
ダブルクォーテーションを入力して次の文字を入力した時に自動的に変換されてしまう画像

スマート引用符という機能が有効になっていると自動的に切り替わってしまうのです。
この機能は自分には必要がありませんので無効にしていきます。

テキストエディットがアクティブな状態の時にメニューバーの「編集」→「自動置換」→「自動置換を表示」を選択します。
メニューバーの「編集」→「自動置換」→「自動置換を表示」を選択

スポンサーリンク

スマート引用符のチェックボックスのチェックを外します。

スマート引用符のチェックボックスのチェックを外します

テキストエディットを再起動してスマート引用符を無効にするにはシステム環境設定から行います。
メニューバーのアップルメニューからシステム環境設定を開きキーボードを選択します。
システム環境設定を開きキーボードを選択します

ユーザ辞書のタブを選択し「スマート引用符とスマートダッシュを使用」のチェックボックスのチェックを外します。
「スマート引用符とスマートダッシュを使用」のチェックボックスのチェックを外します

これで自動置換されないようになります。

Apple公式サイトのヘルプ
OS X Mavericks: 書類のテキストの書式を設定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。