AirMac Express世代別機能比較表

   2014/07/07

36

スポンサーリンク

AirMacについての記事です。

AirMac Expressの世代別の機能やリンク先をまとめて機能の比較等出来るようにしました。

AirMac Expressの世代別の機能やリンク先をまとめて機能の比較等出来るようにしました

スポンサーリンク
機種名 AirMac Express Base Station 802.11g AirMac Express 802.11n第1世代) AirMac Express 802.11n第2世代)
製品型番 M9470J/A MB321J/A MC414J/A
Product family number A1084 A1264 A1392
発売時期 2004/06 – 2008/03 2008/03 – 2012/06 2012/06 – 現在
寸法 94.01mm×75.00mm×28.5mm 94.01mm×75.00mm×28.5mm 98mm x 98mm x 23mm
重量 189g 210g 240g
通信規格 IEEE802.11b/g  IEEE 802.11b/g/Draft n IEEE 802.11b/g/n
周波数帯域 2.4Ghz 2.4Ghz
5Ghz
2.4Ghz
5Ghz
無線出力 15dBm 20dBm(公称) 最大20.5 dBm(国による違いあり)
最大無線転送速度 54Mbps 802.11n、5 GHz で 450 Mbps、日本では 300 Mbps 802.11n、5 GHz で 450 Mbps、日本では 300 Mbps
Bands Single-band Dual-band Simultaneous dual-band
チャンネル 米国、カナダ、ラテンアメリカ、台湾:チャンネル
1-11
日本:チャンネル1-14
フランス:チャンネル10-13
上記以外の他の国:チャンネル1-13
米国、カナダ:チャネル1〜11、36〜48、149〜165
日本:チャネル1〜14、36〜64
オーストラリア、香港、ニュージーランド:チャネル1〜13、36〜64、149〜165
チャネル1〜11、36〜48、149〜165(米国およびカナダで使用許可)
チャネル1〜13、36〜64、100〜140(ヨーロッパおよび日本で使用許可)
チャネル1〜13、36〜64、149〜165(オーストラリア、香港、ニュージーランドで使用許可)
通信可能範囲 54Mbps:半径15m以内  11Mbps: 半径45m以内 802.11gの2倍以上 802.11gの2倍以上
ワイヤレスセキュリティ WEP/
WPA/WPA2
WEP/
WPA/WPA2
WEP/
WPA/WPA2
セキュリティ機能 Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)
40ビットあるいは128ビット暗号のワイヤレスセキュリティ(WEP)
MACアドレスフィルタリング
NATファイヤウォール
RADIUS認証(
RADIUSクライアント機能)のサポート
802.1x、PEAP、LEAP、TTLS、TLS、MD5
Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)
40ビットあるいは128ビット暗号のワイヤレスセキュリティ(WEP)
MACアドレスフィルタリング
NATファイヤウォール
RADIUS認証(RADIUSクライアント機能)のサポート
802.1x、PEAP、LEAP、TTLS、TLS, FAST
時間によるアクセスコントロール
Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)
WPA/WPA2 Enterprise2
40ビットおよび128ビット暗号用に設定可能なワイヤレスセキュリティ(WEP)
MACアドレスフィルタリング
NATファイアウォール
802.1X、PEAP、LEAP、TTLS、TLS、FAST
時間ベースのアクセスコントロール
最大無線接続数 10 50 50
Wi-Fiネットワーク拡張機能 利用不可 利用可 利用可
WDS機能 利用可 利用可 利用可
ローミングネットワーク機能 利用可 利用可 利用可
クライアントモード機能 利用可 利用可 利用可
互換性 NAT、DHCP、FTP、PPPoE、VPNパススルー(IPSec、PPTP、L2TP)、
QuickTime Streaming、DNS Proxy、SNMP
NAT、DHCP、PPPoE、VPNパススルー(IPSec、PPTP、L2TP)、
DNSプロキシ、SNMP、IPv6 ( 6to4, マニュアルトンネル)
NAT、DHCP、PPPoE、VPNパススルー(IPSec、PPTP、L2TP)、
DNSプロキシ、SNMP、IPv6(6to4、マニュアルトンネル)
USBプリンタ共有機能 利用可 利用可 利用可
WANポート 10/100BASE-T Ethernet
WANポート(RJ-45コネクタ)x1
10/100BASE-T Ethernet
WANポート(RJ-45コネクタ)x1
10/100BASE-T Ethernet WANポートx1
LANポート     10/100BASE-T Ethernet LANポートx1
USBポート USBポート(USBプリンタ接続用)x1 USBポート(USBプリンタ接続用)x1 USB2.0ポート(USBプリンタ接続用)x1
オーディオ 3.5mmミニオーディオジャック(アナログオプティカルデジタルオーディオ接続用) 3.5mmミニオーディオジャック(アナログオプティカルデジタルオーディオ接続用) 3.5mmミニオーディオジャック(アナログオプティカルデジタルオーディオ接続用)
システム条件 Macintoshユーザ:AirMac ExtremeカードまたはAirMacカードを装着したMacintoshコンピュータ Mac OS X v10.4以降
Windowsユーザ:Wi-Fi認定のIEEE 802.11bまたは802.11g対応ワイヤレスカードを装着したWindows搭載マシン Windows XPまたはWindows Vista
Macintoshユーザ :  AirMacまたはAirMac Extremeカードを装着した Mac  Mac OS X v10.5.7以降では下記の機能が利用可能
AirMac Express ベースステーションを利用可能
AirMac Express ベースステーションをセットアップ可能
音楽を再生可能(AirTunesを使用)
USBプリンタを共有可能
Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)を利用可能
Windowsユーザ :  802.11a/b/gまたは802.11nドラフト2.0対応ワイヤレスカードを装着したWindows PC
Windows XPまたはWindows Vista
Wi-Fi Protected Access(WPA)の利用には対応するWi-Fi準拠のシステムが必要
Macユーザ:OS X Lion v10.7.3以降およびAirMacユーティリティ6.1
OS X v10.5.7以降およびAirMacユーティリティ5.6.1
Windowsパソコンユーザー: Windows 7以降およびAirMacユーティリティ5.6.1
iOSデバイス:iOS 5以降およびAirMacユーティリティアプリケーションを搭載したiPhone、iPad、iPod touch
対応するAirMacユーティリティのバージョン     OS X Lion v10.7.3以降およびAirMac ユーティリティ6.1 /
OS X Leopard v10.5.7以降およびAirMac ユーティリティ 5.6.1
対応するiOS用AirMacユーティリティのバージョン null iOS用AirMacユーティリティのバージョン 1.0 – 1.3 iOS用AirMacユーティリティのバージョン 1.0 – 1.3
公式マニュアル AirMac Express 設定ガイド 5.1 AirMac Express 802.11n (第 1 世代) – 設定ガイド AirMac Express 802.11n (2nd Generation) – 設定ガイド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。