PWR-Q200 IPv6通信を有効化する方法

 

36

スポンサーリンク

光ポータブルについての記事です。

光ポータブルのPWR-Q200をIPv6マルチキャスト通信の有効化にする設定方法です。
PWR-Q200には標準の機能でIPv6通信をパススルーするかブロックするかの設定ができるようになっています。この機能を使ってWAN側からのIPv6の通信を通すか通さないかの設定ができます。

PWR-Q200をIPv6マルチキャスト通信の有効化にする設定方法です

利用シーン

フレッツ光でIPv6を利用する時が多いと考えられるのはLAN側のPCにフレッツウィルスクリア v6をインストールしているときです。フレッツウィルスクリア v6はフレッツ光ネクスト回線を使ってIPv6通信を行いセキュリティアップデートを行う仕組みになっています。
PWR-Q200の配下のPCにフレッツウィルスクリア v6をインストールしている場合はIPv6パススルーの機能が有効になっている必要があります。

その他の利用されるシーン:PWR-Q200の配下からフレッツスクウェア IPv6サイトに接続したい時。

PWR-Q200の設定

PWR-Q200のIPv6通信を有効にするにはWeb設定画面から行います。

ブラウザを起動してアドレス入力バーに192.168.11.1と入力します。
リターンキーを押しますとPWR-Q200のWEB設定画面が表示されます。

PWR-Q200のWEB設定画面

PWR-Q200のWEB設定画面

下に表示されているログインをクリックしますとログイン画面が表示されます。
“名前”の項目にはrootと入力してパスワードは空欄でログインボタンをクリックします。

"名前"の項目にはrootと入力

"名前"の項目にはrootと入力

スポンサーリンク

設定画面上部のセキュリティ>>パススルー>>IPv6を選択します。
IPv6ブリッジ画面が表示されます。

使用するのラジオボタンにチェックをつけて設定ボタンをクリックするとIPv6通信が有効になります。
使用するのラジオボタンにチェックをつけて設定ボタンをクリックするとIPv6通信が有効になります

IPv6アドレス取得確認

PWR-Q200のクライアントのWindowsでIPv6アドレスを取得できているか確認します。

Bフレッツ回線の場合
IPv6 IPアドレスに2001:~から始まるIPアドレスが表示されます。

IPv6 IPアドレスに2001:~から始まるIPアドレスが表示されます

フレッツ光ネクスト回線の場合
IPv6 IPアドレスに2408:~から始まるIPアドレスが表示されます。
IPv6 IPアドレスに2408:~から始まるIPアドレスが表示されます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。