PR-400KI IPアドレスの変更方法

   2014/03/01

37

スポンサーリンク

NTTについての記事です。

Bフレッツの光回線とひかり電話の契約をするとPR-400KI、RT-400KI、RV440KIというひかり電話ルータが設置されます。こちらの装置は回線終端装置とルータ機能を持っている装置です。
この装置にはIPアドレスが予め設定されていて、使用する環境によってはIPアドレスを変更したいということがあります。ここではPR-400KI、RT-400KI、RV440KIのLAN側の固定されたIPアドレスの変更をしてきます。

PR-400KI、RT-400KI、RV440KIのLAN側の固定されたIPアドレスの変更をしてきます
フレッツ光公式マニュアルページ
サービス情報サイト接続方法

IPアドレスの変更方法

ブラウザを起動
ブラウザを起動してアドレス入力バーに”http://192.168.1.1″と入力してEnterキーを押します。
ブラウザを起動

Windowsセキュリティ
ひかり電話ルータに接続する為の認証画面が表示されます。
ユーザー名には”user”。
パスワードには初期設定をしたときに設定をしたパスワードを入力します。
パスワードがどうしても不明の場合はひかり電話ルータの初期化する方法しかないかもしれないです。
Windowsセキュリティ

Windowsセキュリティ入力
以下のように入力してログインボタンをクリックします。
Windowsセキュリティ入力

PR-400KIのWeb設定画面が表示されます。
PR-400KIのWeb設定画面が表示されます

左側のメニューにある「詳細設定」から「DHCPv4サーバ設定」をクリックして開きます。

左側のメニューにある「詳細設定」から「DHCPv4サーバ設定」をクリックして開きます

DHCPv4サーバ設定

こちらの設定画面でひかり電話ルータのIPアドレスの変更をする事ができます。
LAN側IPアドレス/マスク長
こちらにひかり電話ルータ(PR-400KI、RT-400KI、RV440KI)のIPアドレスを設定をします。
デフォルトではLAN側IPアドレスが192.168.1.1に固定されています。
こちらに設定するIPアドレスはプライベートIPアドレスとなり10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8)、172.16.0.0~172.31.255.255 (172.16.0.0/12)、192.168.0.0~192.168.255.255 (192.168.0.0/16)から選べるようになっています。

スポンサーリンク

DHCPv4サーバ

DHCPv4サーバ機能
DHCP機能を使用するか選択できます。使用しない選択にするとIPアドレスが割り振られなくなります。
開始IPアドレス
DHCPサーバ機能を使って割り振るIPアドレスを設定します。一般的にはひかり電話ルータのLAN側IPアドレスと同じセグメントに合わせます。
割当個数
ルータから割り振るIPアドレスの個数を指定します。
リース時間
IPアドレスのリース時間です。

DHCPv4サーバ設定

DHCPv4サーバ機能を使用しない設定にするとひかり電話ルータにアクセスするときにクライアント側のコンピュータにひかり電話ルータと同じセグメントのIPアドレスを固定してからじゃないとアクセスできなくなるのでその辺の注意が必要です。最悪、どうしても接続できなくなった場合はひかり電話ルータを初期化すればDHCP機能が復活してアクセする事が可能になります。DHCPv4サーバ機能を使用しないに設定にする前に本当にその設定が必要なのかよく考えてから行うといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 37 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。