Prestashopをインストール

   2013/03/11

35

スポンサーリンク

CMSの記事です。

ネットショップを運営していくこととなりカスタマイズなどのある程度自由なシステムを利用したいと思いPrestaShopをサーバにインストールするようにしました。
今回はそのPresta Shopのインストールするときのメモです。

Zencartと迷ったのですがZencartはローカルにイスントールしてみたらテーブルでページを組んでいる様子だったのでちょっと古い感じがしたので最近の流行かどうかはわからないですが、PrestaShopのCMSを利用させてもらう事にしました。

ダウンロードはこちらからできます。PrestaShopダウンロード
ダウンロード画面

後、準備として日本語パックをダウンロードします。
今回サーバはさくらレンタルサーバのスタンダードプランを利用させていただきます。
こちらはかなり料金が安くてサーバも安定している感じだったのでいいなと思いました。


インストール

さくらレンタルサーバのサーバコントロールパネルにログインしてデータベースを作成します。
文字コードはUTF-8で作成します。

データベースのサーバのアドレスとデータベースユーザ名、接続パスワード、データベース名は後ほどのPrestaShopのインストールするときに必要な情報になりますので確認をしておきます。
さくらレンタルサーバのサーバコントロールパネルにログインしてデータベースを作成します。

サーバに先ほどダウンロードをしたフォルダをアップロードします。
zip形式になっていますので解凍も予めしておきます。

ターミナルを開いてコマンドを実行

$ ssh username@username.sakura.ne.jp
username@username.sakura.ne.jp's password:パスワードを入力
Welcome to FreeBSD!
% cd www
%mkdir prestashop
%exit

$ scp -r prestashop username@username.sakura.ne.jp:/home/username/www/

コマンドの操作についてわからない場合はftpソフトなどでサーバーにフォルダをアップロードしてもいいです。
これでフォルダの転送もできましたのでインストールをしていきます。ライセンス条項などが表示されていますので同意をして進めていきます。

スポンサーリンク

Welcome

ブラウザで転送したPrestaShopののデータを開くとWelcome画面が表示されます。
言語を選ぶ事ができますが、日本語の選択肢はありません。仕方が無いので英語で進めます。
Welcome

Database configuration

  • Database server name
  • Database name
  • Database login
  • Database password

それぞれの項目に先ほどデータベースを作成したときに確認した情報を入力をして進めていきます。
Database configuration

Shop configuration

Shop name
Fist name
Last name
E-mail address
Shop password
をそれぞれ入力を進めていきます。
Shop configuration

Congratulations!

インストールができた様子です。これでWEBサイトを開いてみます。
Congratulations!

初期状態だとこのようにショップ画面が表示されます。
初期状態だとこのようにショップ画面が表示されます。

管理画面に入るアドレスはhttp://yourdomain/adminですが接続するとadminフォルダのリネームをするように警告が表示されたのでadminフォルダの名前を変更。
変更したらログインできました。

セキュリティの観点でインストールが済んだらinstallフォルダを削除しておきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 35 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。