光ポータブルのサービス概要

   2014/02/27

36

スポンサーリンク

・サービス提供条件
NTT東日本のひかり回線「B-FLET’S(ビーフレッツ)」若しくは「FLET’S光ネクスト」の契約をしていること

・機器名
・PWR-100F、PWR-100D

PWR-100FはSIMフリー版です
PWR-100DはSIMロック版です

SIMフリーとSIMロックの違いは3G回線で何処のキャリアを選択して使うかです。
SIMフリーはイー・モバイルの回線に対応しています。
SIMロックはDocomoの回線に対応しています。
(※2010/11)

スポンサーリンク

・料金
光ポータブルPWR-100F、PWR-100D 月額315円でレンタル品になります。

・特徴
この光ポータブルに同時に接続する事のできる機器の最大数は6台までと決められており、それ以上の機器を接続する事はできません。

光ポータブルには状況に合わせて3G回線を使用して接続するかフレッツスポットを使用して接続するかを自動で選択する機能として「コグニティブ機能」があります。
(フレッツスポットを使用するためにはフレッツスポットの契約が必要です。)
この機能があることによって光ポータブルを使用しているユーザーは特に回線のことを気にしなくても光ポータブルが自動で繋がりやすい電波を探して繋がってくれるので繋がらなくなる状況が少なくなります。
3G回線が繋がり辛い環境であればWI-FIを優先して繋がるようになり、反対にWI-FIに繋がり辛い環境であれば3G回線を優先して繋がるようになります。
イメージ
コグニティブ機能

光ポータブル外観

外箱

光ポータブル外箱
光ポータブル外箱の側面。MACアドレスが書いてあります。
光ポータブル外箱の側面

本体

iPhoneと並べてみた
iPhoneと光ポータブル

本体上部

本体上部

クレードル

クレードル

クレードルに接続

クレードル装着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 36 follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。